いい家具に囲まれる幸せ

DIYを楽しんでみる

だいたいのことは出来ます。

DIYを趣味にして20年ほどたちます。当時はまだDIYという言葉はなくて日曜大工という言葉です。思えば色々な事をやってきて、犬小屋を立てて色を塗ったり、物置小屋の補修などもやりました。収納スペースが多い家ではなかったので2年に1度は棚などを増設していきその腕もなかなかのものだと自画自賛しています。自分が作った棚を家族が利用して生活しやすくするというのは、言葉では言い表せないほどの喜びです。ものづくりの面白さというのはやってみないとわからない面白さがあります。 DIYというのは奥が深くてなかなか終わらないものです。本業の大工さんにどれだけ近づけるかが大切だと思うのですが、素人ではどこまでできるのかがわかりません。

家具を作ることにしました。

そこで自分への挑戦としてお手製の家具を作ってみることにしたのです。家具といっても色々とありますが、タンスを作ることにしました。腰くらいの大きさにあるもjので、正直できるかは不安でした。棚なら木を打ち付けるだけで終わるために簡単ですがタンスとなると引き出しの処理があります。さらに洋服をたくさんいれるために頑丈なつくりが求められます。家具作りの難易度的にはかなり高めですが、書籍などで色々と調べると、できなくはないというような難易度でした。3ヶ月ほどDIYをしてうまくタンスを作れたときにはとれもうれしかったです。 家具を自分で作れるようになるとは自分でも最初は思っていませんでしたが、うまく作ることができてとてもうれしいです。